CSSだけでマウスオーバー

mouseoverマウスオーバーはいくつも手法がありますが、ここではCSSだけを使ってマウスオーバーで画像を切り替えるサンプルを紹介します。
基本的にすべて :hover 疑似クラスで要素を切り替えています。

2種類の画像を使ってマウスオーバー

HTML

<a href="#"><img src="images/dummy.gif" alt=""></a>

CSS

a {
    background: url(images/dummy_over.gif) 0 0 no-repeat;
    display: block;
    width: 200px;
    height: 150px;
}
a:hover img {
    visibility: hidden;
}

CSSスプライトでマウスオーバー

HTML

<a href="#"><img src="images/dummy.gif" alt=""></a>

CSS

a {
    display: block;
    width: 200px;
    height: 150px;
    overflow: hidden;
}
a:hover img {
    margin-top: -150px;
}

背景画像だけでマウスオーバー

HTML

<a href="#">ほげほげ</a>

CSS

a {
    background: url(images/dummy_sprite.gif) 0 0 no-repeat;
    display: block;
    width: 200px;
    height: 150px;
    overflow: hidden;
    white-space: nowrap;
    text-indent: 100%;
}
a:hover {
    background-position: 0 -150px;
}

表示サンプル

サンプルhtml

CSSだけでマウスオーバーのサンプル

JavaScriptに頼らなくてもいろいろな手法がありますが、Webサイト構築の際には、労力やメンテナンス性、費用対効果などを考慮して使い分けると良いかと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする