Appleシリコン搭載のMacターミナルでRosettaを使用する方法

AppleSillicon搭載のMacターミナルでpipを用いてモジュールをインストールする際などは、TerminalでRosettaを使用する必要があるのでその手順を説明する。

筆者の環境

  • Mac mini (M1, 2020)
  • OS Big Sur (バージョン 11.0 (20A2411) )

ここでは次の手順で説明する。

  1. Rosetta使用前のターミナルでシステム情報を確認
  2. ターミナルでRosettaを使用するように設定
  3. Rosetta使用後のターミナルでシステム情報を確認

Rosetta使用前のターミナルでシステム情報を確認

unameコマンドを叩くと、アーキテクチャは「arm64」である。


user@hogenoMac-mini ~ % uname -a
Darwin hogenoMac-mini.local 20.1.0 Darwin Kernel Version 20.1.0: Sun Oct 18 15:32:00 PDT 2020; root:xnu-7195.41.8~9/RELEASE_ARM64_T8101 arm64
この状態で例えば pip で numpy モジュールをインストールしようとするとエラーとなる
Failed to build numpy

ターミナルでRosettaを使用するように設定

筆者の環境では、RosettaはXCodeをインストールする際にインストール済み。
Finderを開き、ターミナルを右クリックして「情報を見る」を選択する。

「ターミナルの情報」ダイアログにある「Rosettaを使用して開く」にチェックを付ける。

Rosettaを使用するように設定したら、開いているターミナルを一旦全て閉じる。

Rosetta使用後のターミナルでシステム情報を確認

ターミナルを開きシステム情報を表示する。


user@hogenoMac-mini ~ % uname -a
Darwin hogenoMac-mini.local 20.1.0 Darwin Kernel Version 20.1.0: Sun Oct 18 15:32:00 PDT 2020; root:xnu-7195.41.8~9/RELEASE_ARM64_T8101 x86_64

arm64 が x86_64 になったことが分かる。

pipコマンドで numpy をインストールすると成功する。


user@hoge-mini ~ % pip3 install numpy
Defaulting to user installation because normal site-packages is not writeable
Collecting numpy
  Downloading numpy-1.19.4-cp38-cp38-macosx_10_9_x86_64.whl (15.3 MB)
     |████████████████████████████████| 15.3 MB 6.8 MB/s 
Installing collected packages: numpy
  WARNING: The scripts f2py, f2py3 and f2py3.8 are installed in '/Users/user/Library/Python/3.8/bin' which is not on PATH.
  Consider adding this directory to PATH or, if you prefer to suppress this warning, use --no-warn-script-location.
Successfully installed numpy-1.19.4

ちなみに、ここで VSCode と VSCode Insiders(ARM64版) の各ターミナルでシステム情報を表示すると

  • VSCode は x86_64
  • VSCode Insiders は arm64

である。

以上

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする